FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

新たな門出のディナー

2019.02.07

FUSABUSA の閉店まで、あと10日。

1月に現店舗の閉店と新しいアトリエと工房のオープンを告知してから、毎日が飛ぶように過ぎていきます。これまでとこれからが混じり合う、移行期です。

そんなバタバタの日々のなか、昨日はふさぶさファームの仲間たちと、いつもお世話になっているカフェ夜麦のお二人がディナーにいらしてくださいました。

この日のメニューは、ふさぶさファームの大豆と干し椎茸のパテ、ファームの甘夏とタイムと一緒にローストしたカリフラワーとめえしばミルク工房のカッテージチーズ (チッコ)のスパイスロースト、うちの畑でご近所のKさんが栽培してくれている菜の花で作ったジェノベーゼ、ふきのとうとめえしばミルク工房のブルーチーズソースのペンネ・・・など。メインは磯っぴと地魚のブイヤベース。

この土地にあるものを生かし、磨きをかけながら、その背景にある物語とともに伝えていく。私たちが大切にしていること、このメニューにもちゃんと込められています。

サプライズ!で花束までいただいた。すごく嬉しかったーー!

ミモザが良い香り。みんなが心を込めて選んでくれたお花、気持ち伝わりました。

花束を渡してくれた時、みんながかけてくれた言葉は、「おつかれさま」とか「よく頑張った」とか、終わりにフォーカスした言葉ではなく、「新しい門出に」という未来を見据えた言葉。

終わりは始まり。

終わりと始まりを見届けてくれる人たちがいることに感謝した夜。

ありがとう。