FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

里海食堂のメニューと夜の営業日が変わります。

2017.05.27

里海食堂のメニューと夜の営業日が変わります。

まず、夜の営業につきましては6月より土日祝日とさせていただきます。
平日の夜については、4名様以上のご予約をから営業させていただきます。パーティーやご宴会等にもお使いいただけますので、引き続き宜しくお願いいたします。

また、メニューですが、すでに昼の営業でご好評いただいている「ふさぶさ定食」を更に充実させ、昼、夜ともに「ふさぶさ定食」を中心に据えたメニューに変更させていただきます。
もちろん、名物のブイヤベース鍋、サバサンドもお召し上がりいただけますので、ファンの皆様はどうぞご安心ください。
昼の営業については、メニューの内容と構成、ボリュウムの変更があるにせよ、大きく変化した印象は持たれないかもしれません。
夜の営業につきましては、これまでの店内の黒板に書かれたアラカルトメニューを中心とした営業形態とは異なり、「ふさぶさ定食」を軸とした「おまかせ」のメニューが主となります。

「おまかせ」と聞くと、いろいろあるメニューの中からお好きなものを選びたい、と思われるお客様にとっては、つまらなく感じられるかもしれませんが、FUSABUSAとしては、むしろその逆で、この時期、この土地でいま一番おすすめのもの、地元でしか食べられないものなど、「食」を通じて房総と出会い、房総を知ることができる料理をご提供させていただけると考えています。
想像のできる、イメージ通りのメニューではなく、里山里海を行き交いながら、この土地で生業を営み、現代に暮らす私達がつくる「房総ごはん」をお楽しみいただけますように。。。

2011年のオープン当初は、イタリアンやフレンチの手法で地元の食材を使った料理を提供していたFUSABUSAですが、地域に根差し、この土地の自然や人と関わり合ううちに、この土地ならではの食材や受け継がれてきた食文化など、自分が生まれ育った故郷、房総の暮らしの気配が感じられる「食」をお届けしたいという想いが強くなり、勝手ながらこのような形態をとらせていただくこととしました。

夜の営業日を少なくさせていただくことにより、4月からスタートした実家の耕作放棄地を里山の生態系を背景とした健やかな田んぼへと甦らせる「ふさぶさファーム」の活動や、これから本格的に始動させるオリジナルのグロサリー類の製造販売、店内のセレクトショップスペースの充実、オンラインストアの整備等、様々なかたちで房総の「美味しい」を伝えるコンテンツを更に充実させてまいります。
レストラン、食堂の枠を超えた、新たなFUSABUSAの活動にもぜひご注目ください。

生まれ育った土地に還り、その土地で暮らし、代々の土地と向き合いながら、自分のルーツの素晴らしさに気付いたFUSABUSAの変化を、どうぞお客様にもお楽しみいただけますように。