FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

「休耕田を田んぼにかえそう in ふさぶさファーム」第一回講座を5月28日(日)に開催します。

2017.05.07

<休耕田を耕さずに田んぼに還す、全9回にわたるプログラム>

<休耕田を田んぼにかえそう in ふさぶさファーム 第一回講座>

・休耕田を田んぼに還す手順
・大豆栽培の基本と多収穫苗づくり(応用編)

日時)2017年5月28日(日)15:00~17:30

場所)FUSABUSA
   鴨川市江見内遠野256-1
   TEL:04-7096-0107
fusabusa.jp

講座代)¥6,000(税込)

参加申し込み、お問い合わせ)FUSABUSA TEL:04-7096-0107 E-mail:info@fusabusa.jp
または、50noen 080-1264-2963 info50noen@gmail.com

この4月より新たな活動として「休耕田を田んぼに還そう in ふさぶさファーム」を鴨川市釜沼の休耕田で始動させているFUSABUSAでは、南房総で「冬期湛水不耕起移植栽培」の農法で「耕さない田んぼ」を実践、農業指導を行う「50noen」五十嵐 武志、ひろこ夫妻を講師に迎え、<休耕田を耕さずに田んぼに還すプログラム>を、5月より全9回の講座として開催します。
この講座では、荒れ地となった休耕田を整備した後、「大豆」と「麦」を植え、土のバランスを整えながら、スムーズに稲作を再開させるまでの手順を学びます。

IMG_3750

本講座は、高齢化、過疎化が進み、担い手を失った耕作放棄地を、里山の生き物と共生する、健やかで美しい田んぼへと甦らせ、山から川、海へと循環する環境保全へつなぐ取り組みであると同時に、この土地をルーツに持つFUSABUSAのオーナー小野薫が、代々受け継がれてきた土地を継承する新たなチャレンジでもあります。

田んぼも畑も、田植えも稲刈りも経験したことが無かった自分が、代々受け継がれてきた田んぼを再生することができるのか。
未経験、未知のことに挑戦するいま、不安が全くないわけではないですが、それを大きく上回るワクワク感でいっぱいです。
この全9回のプログラムを通して、自分自身のルーツと向き合いながら学び、実践を重ねてまいります。

もちろん、これから耕作放棄地を生かして田んぼや農地に再生しながら、新規就農を目指したい方、
すでに所有する耕作放棄地を「耕さない田んぼ」としてイネを作りたい方、
「耕さない」を通して、生態系や環境と向き合いたい方にとっても、具体的な事例と対しながら理論と実践を学べる講座となっています。

IMG_3753

第一回となる座学の開催のテーマは「休耕田を田んぼに還す手順・大豆栽培の基本と多収穫苗づくり(応用編)」
大豆の多収穫技術栽培法とは、講師の五十嵐武志さんが、「冬期湛水不耕起移植栽培」を学んだ、故・岩澤信夫先生による画期的な農法です。
みっちり2時間半、大変内容の濃い、実践を前提とした座学となります
ご興味のある方は、どうぞ奮ってご参加くださいませ。

「僕も参加するよ」
IMG_3626