FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

50noen 田んぼのお話会 「僕が耕さないを選んだ理由」

2016.11.17

1126_fusabusa

「どうして耕さないのか?」耕さない田んぼでお米作りを始めて10年になる五十嵐武志が皆様の疑問・質問にもお答えしながらお話会を進めていきます。お米を作ったことがある人もそうでない人も、耕す人も耕さない人も、どたなでもお気軽にご参加ください。

日時:2016年11月26日(土)15:00~17:00

参加費:1000円(耕さない田んぼでとれた新米おにぎり付)

場所:FUSABUSA (千葉県鴨川市江見内遠野256-1)

主催:50noen 五十嵐武志 

お申し込み&お問い合わせ:50noen 五十嵐武志 TEL:080-1264-2963  mail:info50noen@gmail.com

2007年から「冬期湛水不耕起移植栽培」の第一人者、岩澤信夫先生のもとで栽培法を学び、南房総市内の米農家で稲作を始める。2012年、岩澤先生の活動拠点千葉県神崎町で普及に携わる。2013年、館山市浜田地区の休耕田を耕すことなく田んぼにかえし、2年間教室を開く。2014年、山の中を開墾・手作業の田んぼづくりと新規就農の農家さんや自給暮らしを目指す人にお米作りの指導を始める。2015年、南房総井野地区で教室を開き、「耕さないお米作り」を伝えている。

☆只今、「耕さない田んぼ2017クラス」新メンバー募集中!
詳しくは 50noen.blogspot.jp
お問い合わせ・お申し込み 080-1264-2963
mail:info50noen@gmail.com
FACEBOOK イベントページで最新情報更新中!https://www.facebook.com/events/328739687495721/

FACEBOOK イベントページで最新情報更新中 https://www.facebook.com/events/1006667859462818/

~2016年度 鴨川校 FUSABUSAより~

「耕さない田んぼ」と聞いて、皆さんは何を感じられますか?
「田んぼは耕すものでしょ」と感じる方がほとんどだと思います。
私も、1年前までは「耕さない田んぼ」という一般的な概念の反対を唱えるこの言葉に「?」でした。
それでも、機会があって代表の五十嵐さんによる雑草の話をお聴きした時に、「耕さない」に込められた自然と人との関係性について、ほんの少しだけ触れることが出来たのをきっかけに、その思想をもっと知りたい気持になり、FUSABUSAで一年間「耕さない田んぼの教室」を開催していただきました。
この一年の座学で学んだことは、「自然を信じて任せる」「人間にできるのは、自然がありのままの力を発揮するためのお手伝い。収穫はその恩恵」ということ。
田んぼ、稲づくりの一年を通して感じたことです。これって、農家さんだけでなく、人の生き方にも通じるような気がします。
なかなかこの境地に至るまでは、修行がいるのでしょうけれど。
今回のお話会のテーマとなる五十嵐さんが「耕さない」を選んだ理由は、実際に田んぼに携わる人が興味のある「農法」という枠にとどまらず、ふだん農業に携わっていない方にも、ぜひ聞いていただきたいお話です。
今年は、台風による被害で稲刈りに苦労された農家さんも多かったように思います。そんな方達にも是非、先入観を抜きにして一度お話を聴いてみていただきたいと思っています。
耕す人も、耕さない人も、農家さんも、そうでない方も、奮ってご参加くださいませ。