FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

<コロナウィルス感染拡大の影響により中止としました。>自然のリズムの田んぼと畑の会 2021 in FUSABUSA】参加者募集のお知らせ〜 2月28日より全10回

2020.12.21

本講座は、コロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、2021年度は中止とさせていただきました。事態が落ち着きましたら、短期や単発で自然のリズム、摂理と、田んぼと畑の本質を学んでいただける機会を作りたいと考えています。

尚、「耕さない田んぼの実践者養成コース」については、募集定員が最大2名と少数であること、座学がオンライン受講となること、実践は各々が屋外である田んぼで行うことで密になる環境では無いということから、引き続き開催を前提に募集を行なっております。
座学で学んだ理論と知識を、リアルタイムで実践しながら、自分のものにしていく貴重な機会です。本格的に田んぼを学びたい方には、貴重な学びの場となると思います。

お申し込み・お問い合わせは、info@fusabusa.jp またはtel:04-7094-5747 担当)小野まで、ご連絡くださいませ。

【自然のリズムの田んぼと畑の本質を知り、未来につなげる10カ月】

2020年度から始まったFUSABUSAの「耕さない田んぼの会」
2021
年度は「自然のリズムの田んぼと畑の会として、2月から12までの10カ月間に渡り開催します(8月は休講)

※本講座では、座学と田んぼや畑の観察・簡単な作業を主としています。
実際に、田んぼや畑の実践を真剣に視野に入れた本格的な作業を伴う講座については、別途、少人数の【自然のリズムと田んぼの実践マスターコース】を設けております。近々にご案内いたします。お問い合わせください。

【自然のリズムの田んぼと畑を通じて、新たな眼を養い、自分の営みに生かす】

本講座では、田んぼや畑の実践を前提とした「HOW TOを教えるのではなく、農法や技術の前提となる「本質」そもそも」に気づき、その気づきを土台に、田んぼや畑の実践はもとより、日々の仕事や暮らし選択生かす、新たな「眼」を養うことを目指します。

その「眼」は、物事の価値を測る定規」や、重さを量るにも通じる私たちの在り方を支える道具。
見えている世界、見ている世界が違えば、選ぶものも作るものも変わる。
土台が変われば、表面に現れて来る事象が変わる。

この講座は、自然のリズムに合わせることで自分の真ん中に新たな軸をつくり、未来につながる新しい「眼」を得る10カ月間の講座です。

講師には、昨年同様に五十嵐武志先生 @takeshiigarashi をお迎えします。
10年以上に渡る「耕さない田んぼ」の毎年の実践と検証を重ねながら独自に積み上げてきた確かな知識と理論は、「自然まかせ」の無農薬、無肥料栽培にありがちなモヤモヤをスッキリと整理し、自然のリズムと自らの意図を重ねながら、結果を積み上げていく方法へ導いてくれます。

例えば、田んぼや畑について「なぜ雑草が生えるのか」「なぜ虫がカメムシが発生するのか」「なぜ収量が減るのか」そうした表面に現れる事象にとらわれ、やみくもに除草や捕虫をしなければならないのはなぜでしょうか。
そもそも必要なのでしょうか。
そして、そもそもなぜそうした現象が起きるのでしょうか。

これまでの思い込み、既成概念を一旦外して、表面に現れる事象の本質を知り、新たな「眼」で見直す。

自分のスタンダードをアップデートすることで見えて来る、未来の自分の田んぼや畑、仕事や家族、友人、暮らし。

コロナ禍が私たちに向ける問いにも通じるのではないでしょうか。2021年の終わりの自分は何を選択するのか楽しみに、この講座に参加していただければ幸いです。


開催概要

■ 開催期間2021年2月〜12月毎月一回。(8月は休講)全10

開催日 下記表の詳細参照

■ 受講料    100,000円 (全10回)

■ 開催場所

○ふさぶさnaya (座学)○ふさぶさsora(田んぼと畑の観察・作業)
鴨川市釜沼地区(場所の詳細は参加者の方に直接ご案内します)

※駐車スペース有り。公共交通機関をご利用の方は最寄りの鴨川駅まで送迎も可能です。お問い合わせください。

■スケジュールと内容   下記表の詳細参照

■ お申し込み&お問い合わせ

FUSABUSA (株式会社ふさぶさ)小野
tel: 04-7094-5747 又は  info@fusabusa.jp

※FUSABUSA公式instagram 、FacebookのDMからもお問い合わせ、お申し込みください。
※事前にお電話やzoom、対面で志望の動機などを伺う面談をお願いする場合もございます。

■その他

※コロナウィルス感染拡大等の影響で移動の制限等が求められた場合、座学についてはZOOMによるオンライン授業を行います。

※授業料については事前に一括のお振込みでお支払いいただきます。開講後、自己都合によるご欠席については、返金の対応はしかねますので予めご了承くださいませ。

【講師紹介】

五十嵐 武志

千葉県南房総市で「自然の美しい秩序が見られる田んぼづくり」「イネ本来の生理生態を生かしたお米づくり」に取り組む。「冬期湛水不耕起移植栽培」の第一人者 故・岩澤信夫氏に師事し、学んだ栽培法をベースに10年以上、「耕さない田んぼ」でお米づくりと向き合い、培ってきた生き物・雑草・イネ・田んぼの観方とお米作りを伝えている。
南房総では耕さず、雑草も生えない(田植え以降、稲刈り迄、一度も田んぼに入らず除草不要、それでいて多種多様な生き物いっぱいの)田んぼを実現している。