FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

「dancyu 千葉の生産者応援クラウドファンディング」ご支援のご案内 募集期間4/6〜4/26

2020.04.22

「知るは美味しい」をスローガンに掲げる食の専門誌「dancyu 」さんが、千葉の生産者さんを応援するクラウドファンディングを立ち上げてくださいました。期間は4月6日から4月26日まで。

FUSABUSAでは、こちらのプロジェクトの実施に際し、現地の生産者様のコーディネートと取材などのアテンド、進行管理をお手伝いさせていただきました。

昨年、千葉県に上陸した台風15号、19号は、千葉の一次産業に甚大な被害をもたらしました。今まで積み上げてきたものが一気に目の前で破壊されていく。未曾有の災害の当事者となったとき、それぞれの生産者さんたちを襲ったのは経済的な損害だけでなく、足元の土台が崩されていくような不安感や大切なものを失った悲しみなど、精神的なダメージが何より大きかったと思います。倒壊したハウスや牛舎、土砂で埋もれた枇杷山、停電で魚の死骸が浮いている生簀・・・。目の前の現実のあまりのむごさに、絶望で心が折れそうになった時、まず一番必要なものは何か。

それは周りからの応援、エールではないでしょうか。

「自分に自信が持てない」「未来が見えない」。自然の猛威を前にして無力だった自分が小さく見え、周りから取り残されているような不安や焦りで気持ちが支配され、前向きな選択が取れず、行動に移せない時、自分を支えてくれる誰かの存在を感じられることが、前に進む決断につながり、行動へ転換していくきっかけになる。

そうした応援を具体的な形にしてくれたのが、この度のdancyu さんのクラウドファンディングです。

未だ、災害の爪痕が生々しい昨秋に「千葉の生産者さんを応援したい」と申し出て下さった、編集長の植野さんをはじめ、スタッフの皆さまの再三に渡る現地取材により昨秋の11月号、現在発売中の4月号と2度にわたる本誌の掲載、web掲載、クラウドファンディングと、一定の期間にわたって千葉の生産者さんに寄り添っていただきました。

折しも、クラウドファンディングの公開となった4月初めから、新型コロナウィルスの感染拡大の勢いが増し、日本国民の全ての皆様が経済や活動の自粛を求められるような事態となりましたが、千葉の生産者さんたちは昨秋の台風被害から立ち直り切れていない中で、二重の被害、負担を強いられています。本来なら春の訪れとともに、房総の観光シーズンのピークに向かって景気も持ち直し始める見込みだったのが、振り出しに戻ったような気持ちになっていらっしゃることと思います。

年間で一番の稼ぎどきとされるゴールデンウィークも、今年は移動の自粛で観光客はほぼ見込めないでしょう。

それでも、外食や旅行ができないぶん、「おうち時間」にご自宅で美味しいものをいただこうとする方は多いことと思います。

そんな時にぜひ、こちらのクラウドファンディングにご協力いただきながら、「千葉の美味しい」をご家族でお召し上がりいただければと思います。

房総の初夏の味覚「空豆」「枇杷」、一年で一番美味しい5月のアワビ、サザエ、全国トップクラスの上総和牛、皆様の食卓に房総の美味しいがとどきますように。

dancyu「千葉の生産者応援クラウドファンディング」