FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

江戸の縁起物「飾り伊勢海老」で作る、伝統の注連飾り

2019.11.24

~外房の鮮魚店が受け継ぐ、江戸の伝統工芸「飾り伊勢海老」~

伝統的な江戸のお正月飾りに欠かせない縁起物「飾り伊勢海老」。現在では土やプラスティック製が大半ですが、今なお江戸時代から続く、本物の伊勢海老を使った飾り伊勢海老を日本で唯一製造しているのが、千葉県鴨川市の「いずみや鮮魚店」です。

東京で100年続く江戸・飾り伊勢海老職人「若松屋」の若松謙二さんから、後継者として直接指導を受け、2013年から始まった「いずみや」さんの飾り伊勢海老づくり。

本業の鮮魚店の強みを生かし、欠けの無い姿かたちの完璧な伊勢海老を仕入れ、揃えるところから、加工、販売まで一貫して行っています。

伊勢海老の産地が継承する、江戸の伝統。

本物の伊勢海老ならではの、風格のある伊勢海老飾りで、令和時代のお正月を迎えてみませんか。

~南房総の注連飾り名人に習う、伝統の注連飾り~

注連飾りを教えてくれるのは、南房総旧和田町に工房を構える原田康夫さん。毎年地元の直売所や道の駅等でお正月飾りを作り、販売するほか、注連飾り教室の講師など、地元の農村で受け継がれてきた農家の手仕事を今に伝えています。

かつての農村では、その年に収穫した稲藁を使い、ゆく年への感謝と来る年への祈りを込めて作られた注連飾り。

今年は、手作りの注連飾りに地元産の橙や裏白、譲り葉などの縁起物に加えて、本物の江戸飾り伊勢海老で彩った、伝統の風格がある注連飾りで年神様をお迎えしましょう。

<開催概要>

開催日時:12月14日(土)14:30~17:00

開催場所:FUSABUSA 「ふさぶさnaya」

千葉県鴨川市釜沼638 TEL:04-7094-5747

内容:南房総のお正月飾りと農家の手仕事について講師の原田さんにお話を伺いながら、玄関飾りに使われる玉飾りをお作りいただきます。お時間に余裕のある場合は、車や室内のドア等に飾る「輪飾り」や、神棚に飾る「ごぼう注連(じめ)」などをお作りいただくことも可能です。(おひとり様による二つめの製作の場合は、追加の料金はいただきません)

参加費:大人おひとり様¥4,500(おやつとお茶つき)、お一人でご参加の場合は、二つ目以降の輪飾り、ごぼう注連については無料。

ご家族二人以上のご参加の場合、おひとり様はほかのお飾りをお作りしていただくことも可能です。

ごぼう注連 ¥2,000 輪飾り¥1,000

お子様のご参加について:10歳以上のお子様のご参加も可能です。保護者の方と一緒に一つの注連飾りをお作りいただくこともできますが、保護者様とは別に輪飾りやごぼう注連をお作りいただくこともできます。その場合は、上記の参加費を別途頂戴いたします。

服装:藁がついても気にならない服装。足を使って縄をなうため、ズボン、パンツなどの服装でお越しください。

申込締切:12月10日(火)

キャンセルポリシー:材料の準備の都合上、キャンセルポリシーを設けさせていただきます。

3日前 30%

2~1日前 50%

当日100%

申し込みとお問い合わせ:下記までお名前と人数、ご連絡先をお伝えください。

FUSABUSA  TEL:04-7094-5747 E-mail:info@fusabusa.jp (担当:小野

※FUSABUSAまでのアクセス

お車でお越しの場合は、当日駐車スペースをご案内させていただきます。現在、横浜⇔安房鴨川の高速バス実証運航中です。こちらのバスをお使いの場合、最寄りのバス停までお迎えに伺うことも可能です。お問い合わせください。http://www.city.kamogawa.lg.jp/soshiki_ichiran/machizukuri/oshirase/1569812206811.html