FUSABUSA
FUSABUSA on Facebook ONLINE STORE

ふさぶさファーム SEASON4 始まっています。

2018.11.14

稲刈りを終え、「耕さないナイト」も終えて、2018年のふさぶさファームは一段落・・・したのも束の間、すでに来シーズンに向けての準備が始まっています。

2016年の「耕さない田んぼの教室」から、4年目のふさぶさファーム SEASON4。

畦の草刈りと田んぼに生えている雑草の観察。

草刈りをし、畦の管理をしながら、田んぼの雑草の種類とそれらが生えているエリアを把握、枯れ方などの経過の観察します。

雑草は、田んぼのいま、里山のいまを教えてくれる媒体。冬の時期の観察が、年明けから本格的に始まる田んぼづくりの準備のガイドになるのです。

エリアによって生えている雑草の種類も状態も違いますね。メモメモ!

そして、今日のメイン作業はなんと田んぼの草取り!!!

普通は田んぼ仕事はお休みのこの時期に、しこしこ草取りするのが、天水耕さない田んぼのふさぶさファーム。五十嵐先生の新しい試みの一つでもあります。水が張っているので、生えているのは水生雑草。ヒエ、コナギ、アシカキ・・・など。

更に水を溜まりやすくするために、なんと「クロ塗り」!

畦の内側を踏み固めて、更に手でペタペタとクロを塗ります。田んぼの中の水ができるだけ外へ漏れないように。

先シーズンの田んぼから得た学びと合わせ、観察をしながら、その田んぼ、土地に合わせた方法を実践します。田んぼはトライアンドエラー。こちらの都合を押し付けず、コントロールしようとしないこと。焦らずじっくり丁寧に。土台を作る時間はまだ続きますが、その過程で得られる学びと気づきが次につながり、それに相応しい結果を必ずもたらしてくれる。

ふさぶさファーム SEASON4 天水冬期湛水不耕起移植栽培、はじまったばかりです。